KTSS?

カルテ
05 /26 2012
たいがいの動物診療を行っていますが、
小さいものは繊細で大変ですが、
大きいと、人手や力がいるので、それはそれで大変です。

なにごとも極端な偏りはいろいろ骨が折れます。
sulcata.jpg
このケヅメリクガメは体重が60キロもあるので、
一人では到底動かすことができません。
踏ん張ってしまったら、60キロの岩石に変身しますので、
荷台を使って移動させます。

こうなると、医療というよりは、肉体労働系治療になります。
そして、甲羅から出てくるのを待つ強い気力と精神、
一つに向かう集中力が必要だと思います。

このブログ、獣医さんになりたい若い方々も見ていると思いますが、
臨床獣医の仕事、気力体力精神力集中力のKTSSが必要です。
とくに、40が近づき、実感するようになりました…。


リング♪

植物
05 /21 2012
今日は日本列島は日食、金環フィーバーですね。
盆暮れ正月には、あまり無関心な私ですが、
自然科学系イベントは無視できません。

ですので、皆様が太陽をのぞいていた時に私も
一緒になってのぞいていました。

日食の写真を撮り損ねたので、
別の輪をアップします。


hanawa.jpg
3本のひまわりに、タニワタリのリング。
なんとも夏らしいアレンジです。

週替わりで、お花を頼んでいますが、
いつも独創的なアレンジで毎週楽しみにしています。
来院した時には気にして見てみてください!


ゆっくり、ゆっくり

未分類
05 /14 2012
新年度に入り、息も吐く間もなく、あっという間に5月も中旬。

すこし気温もあがり、なんだか疲れやすくもありますが、
せっせと、診療に精を出している毎日です。
たまには休息が必要だ、と感じつつも忙殺され、
ゆとり無く時間だけが過ぎていきます。

kanpai.jpg
たまにはね、なーんにも考えずに
ゆっくりお風呂入って、ビールで乾杯しないと…ね。
そう思う今日この頃。

皆様、心に栄養与えてますか?
なんか意味不明なブログになってきた…(汗)。

整形外科と形成外科

未分類
05 /07 2012
手術というと、病気でどうしても必要な手術と、
たとえば、「美容などを目的で行う手術」があります。

後者の手術は、世間では「整形外科」と呼ばれることもありますが、
医学の世界では、そうは言いません。

医学の世界で整形外科といった場合、「美容」を思い出す医者はいません。
整形外科とは、本来、骨や筋肉など運動器を扱う外科のことを指します。

そして、美容目的で行う外科は、「美容整形」とか「形成外科」と呼ばれます。
この形成外科は、もともと、戦争中に武装できなかった、顔など怪我した時に、
元の顔に戻すような外科手術として発達してきました。

したがって、動物では、美容整形とか形成外科はなかなかありませんが、
時々、やってくることがあります。

形成外科の患者さんは、ネコちゃん。
室内飼いで首輪をつけて生活をしていました。
そのネコちゃん、ある日脱走して、1か月後に発見されたときは、
首輪が、いわゆる「たすき掛け」なって、脇の下に首輪が食い込んでいたそうです。

その古傷が治らないとのことで来院しました。
その傷は、何度も縫合しても治らず、その間、エリザベスカラーをして、
1年以上経過しているとのこと。

どうにかならないものかとの相談でした。

診たところ、確かに、古そうなキズで治らなさそう…。
kuma1.jpg
こういう時は、大胆な形成する外科を行わないといけません。

ですので、古いやる気のない組織を大きく切り取って、
裁縫の型紙のような、梱包材の展開図のような
切り目を考えながら、皮膚を切って、広げます。
そして、完成形のイメージをして縫合線を形成し、完成させます。
kuma3.jpg
こんな感じになりました。


kuma4.jpg
3週間後。
1年越しの腋の潰瘍とエリザベスカラーともお別れの瞬間でした。

縫いあとがイタイタしいですが、
毛が伸びればそれも目立たなくなります。

書き始めは、整形外科と形成外科の違いが言いたかったのですが、
なんだかんだと長くなりました…。




記念日

未分類
05 /02 2012
今日、5月2日は、そう、開院記念日です!
盆暮れ正月、クリスマスと気にも止めずに仕事をやりますが、
今日だけは、私にとって、一年でもっとも特別な日なのです。

9年前の今日、当院は生まれました。
院内はガランとして、ホコリも落ちていない
ピカピカで、落ち着かないままの開院でした。

いまでは、手狭になり、汚れも目立つようになり、
それが、なんとなく嬉しくもあり。

いつもは自室で5分間の昼食ですが、
1年間で唯一、スタッフ全員と昼食です。
9yers.jpg

初心忘れるべからず。
開院時の気持ちを忘れずに、仕事を続けたいと思っています。
これからもよろしくお願いいたします。




田向健一

動物病院の院長をやっています。
ペットの病気のことならたいていのことはこなしています。
カメやウサギからピットブルまで、外科も内科、眼科も歯科も行います。
動物、植物を含め、命あるものが大好きです。