ウサギウサギカエル

未分類
09 /30 2011
最近、いくつか見本が送られてきました。

もう、何年もやらせていただいている
ウサギとカエルのカレンダー
そして、監修させていただいた
新刊、ウサギの飼育書です。

早いもので、もう来年のカレンダーです。
いつもスバラシイ写真の松橋カメラマンによるものです。
ウサギの飼育書はかなり可愛く内容は真剣に仕上がっています。

rabbirabifro.jpg
『かわいいウサギの飼い方・育て方』西東社
『ウサギぴょんぴょん2012』山と渓谷社
『Frogs2012』山と渓谷社

動物種は違いますが、いずれもピョンピョンします(笑)
ご興味のある方は、ぜひご覧になってください~。

中村君!

動物
09 /24 2011
オーストラリア出身ののヤモリの仲間。

頭でっかちで、とげとげの皮膚に、
網目模様の線が入って、なにやら悪そうな顔つきが
魅力的な動物です。
この子の名は「中村」といいます。
onitama1.jpg
大きさは、手のひらに乗るくらい。
オニタマオヤモリという種類です。
漢字で書くと、「鬼玉尾守宮」

なぜ、玉尾なのか、というと
しっぽが玉状なのです。
まるで、漫画で描く、涙や鼻水垂れのような感じ。
? 意味不明と思ったかもしれません。

でも、見れは一目瞭然。
百聞は一見にしかず。
onitama2.jpg

本当に玉尾!です。
なぜ、こんな形にする必要があるのかは知りません。
面白いですね…。



贈り物

モノ
09 /20 2011
先日、初めてお会いした獣医師がいました。
その先生と私は同い年ですが、
出身大学が違ったため今まで一度も面識はなかったのです。

が、以前より私の本の熱心な読者でいていただいたようで、
初めてお会いしたにもかかわらず、
旧友のような気分で楽しく時間を過ごすことができました。

その数日後、こんな本が病院に届きました。1977年初版。
uenobook1.jpg

そして、こんなメッセージが添えられていました。
uenoboo2.jpg
粋なことしていただきました。
同じ職業を持つものとして、こんなに嬉しいことはありません。
U先生!ありがとう!

開発!

カルテ
09 /11 2011
動物を手術するときには、
毛の生えている動物なら毛をきれいに刈り込んで
消毒してから手術をします。

刈った毛は、掃除機で吸うのですが、
その際、小さな動物は、掃除機の吸引力が強い場合、
掃除機のノズルにくっ付いたり、さらに小さい動物だと吸い込まれたりする
危険性がありました。

何かいい方法がないかと思っていたところ、
ある動物好きの企業の方からオリジナルで作っていただける
話をいただきました。
nozulcover.jpg

その方と数度にわたる打ち合わせを行い、この形状になりました。
これだと、動物が吸い込まれるのを気にしないで、
刈った毛をきれいに吸い込むことができます。

今はまだ試作段階ですが、
もうすこしで、理想の「吸い込み口」が出来上がりそうです!
全国の動物病院の先生方、待っててください!(って、ニーズあるのかな?)


時には釣り師

カルテ
09 /03 2011
動物病院は、動物の病院なので、
動物を診ます。
自分の飼っている動物がおかしかったら
動物病院へ連れて行こう、と思うのも至極当たり前の発想です。

でも、飼っている動物だけでもありません。

先日。
「せんせ!こんなの釣れました!どうにかして下さい。」
ということで、こんな状態で連れてこられました。

kameturi1.jpg

「ひー」と私。

糸を辿ると……。
kameturi2.jpg
「オー、釣り糸が口の中に入ってる…・」

ということは、
ということで、レントゲン撮影、カシャ♪
kameturi3.jpg
「アッ。やはり、釣り針が…・」

ということで、釣り師な私は得意の針外し!
kameturi4.jpg
無事、摘出(?)完了!

それにしても、
魚釣りをしていて、魚の釣り針を外すのは「釣り師」の仕事。
これがカメになると獣医の仕事??
その境界線はどこにあるのだろう。ふと思ってしまいました。
でも、必要とあれば、なんでもやります。

田向健一

動物病院の院長をやっています。
ペットの病気のことならたいていのことはこなしています。
カメやウサギからピットブルまで、外科も内科、眼科も歯科も行います。
動物、植物を含め、命あるものが大好きです。