4D VISION

モノ
08 /30 2011
最近はまっているもの。
4DVISIONという立体型解剖モデル。

カタツムリにタランチュラにワニにイヌ。
この微妙でマニアックな動物種の選択に、
制作サイドの動物好きの情熱が伝わってきます。

まんまと、その営業戦略?に乗っかってしまって、
買い集めてしまいました。
4dvision.jpg

体の半身が透明になっていて、
組み立てる喜びとともに、体内の臓器の位置や形を
楽しみながら勉強できちゃう一石二鳥のスバラシイアイテム。
しかし、いい大人になっても子供の「ソフビ」集めと変わらない自分に唖然とします・・・・。
でも、楽しい!


先生

未分類
08 /22 2011
先週、4日間の休みをいただいて
アメリカのシアトルへ学会に行ってきました。
その節はご迷惑をおかけした方もいらっしゃると思います。

参加してきた学会は、
鳥類とエキゾチック哺乳類と爬虫両生類の合同学会で、
世界中から珍獣ドクターが参加していました。

その中でもひときは存在感をしめしていたのが、
ダグラス・メイダー先生です。
dr mader
こちらの先生は、アメリカで犬猫医療の専門医の資格を持ちながら、
フロリダで、 「ウミガメ病院」のドクターも務め、
爬虫類医学バイブルエキゾチック動物医学のバイブルの著者でもあります。

あまりアイドルとか芸能人とかスポーツ選手に
強い憧れを持たないのですが、
この先生には学生の時からずっと憧れていました。

15年越しにやっとお会いし、カタコトで話をしました。
普段は、あまり緊張しない性格なのですが、
このときはさすがに緊張しました(笑)。



デジカメ

未分類
08 /17 2011
とても暑い毎日が続きますが、
体調などは大丈夫でしょうか。

なかなか更新できずにすみません。
ただ今デジカメが失踪していまして、
捜索中です。
発見され次第UPしていきますので、
もうしばらくお待ちください。

冷たいものなど食べ過ぎて、
おなかを壊さないよう、ご自愛ください。



本の紹介2冊

未分類
08 /06 2011
その時、僕は言葉を失った。


なぜなら、連れてこられたマリちゃんのおなかに、
見たこともない、大きな大きな腫瘍があったのだ。
mari1.jpg

いくら飼い主さんに手術をお願いされても、
「ちょっと考えさせてもらっていいですか」
としか答えられなかった。

しかし、数日後、僕は決断した。
やれるだけのことをやろうと思った。
mari2.jpg


そして、数日後、元気な姿で帰っていった。
mari3.jpg

とても文章が少ないですが、
この子の顛末は『珍獣病院』に詳しく出ていますので、
それと合わせてお読みになると、より一層楽しめると思います。



ともう一つ。
先日、松橋カメラマンにあった時に
新刊をいただきました。
mizubeno.jpg

『水辺のおきものとあそぶ12か月』(アリス館)
カレンダーをめくるように、その月に見られる水辺の生き物が
登場していきます。
その月ごとにイメージされる景色の色彩がとてもきれいです。
生きもの好きの子供から大人まで楽しめると思います。
気になった方は、ぜひ手にとって見てみてください。



(今回はコメントは控えさせてください)

現実はときに

カルテ
08 /03 2011
今日は4つの手術がありましたが、
そのハイライトはこちら。

猫のおなかの中の腫瘍(ガン)でした。
触診だけで確認できるほど。

いざ開けてみるとなんだか嫌な感じ。
catmass1.jpg
いろんなものが腫瘍と一緒にくっついちゃっています。
少しづつ、少しづつはがしていきました。

catmass2.jpg
するといつの間にか、ポロリと。

しかし、親分のガンは取れましたが、すでに子分のガンが腹腔内に転移している様子。
おなかはずいぶん軽くなったとはいえ、今後も十分注意して経過を見ていく必要があります。

そういうことも少なくありません。
これもまた飼い主さんにも動物にも私にも厳しい現実。

田向健一

動物病院の院長をやっています。
ペットの病気のことならたいていのことはこなしています。
カメやウサギからピットブルまで、外科も内科、眼科も歯科も行います。
動物、植物を含め、命あるものが大好きです。