みかけによらず

動物
03 /30 2011
ヘビとトカゲの違いは何ですか?

☆ヘビには足が無くて、トカゲには足がある。

それは、ブブーです。

puseudosnake.jpg
では、その違いは…

ヘビには「鼓膜」がありません。
ヘビには「まぶた」がありません。
トカゲには「足がないもの」がいます。

そして、この写真の生き物は耳もまぶたもありますので、
トカゲになります。
アシナシトカゲと呼ばれています。

なんでもちょっとした見かけで判断しちゃいけないという好例ですね。

わからないです。。。

未分類
03 /26 2011
基本的に時事をネタにしない方向でブログをやっていますが。

今回は、診察、メール、電話など
問い合わせが殺到しましたので、少しだけ私の考えを。
放射線を含んだ水道水について。

正直、放射線の専門家ではないので「わからない」としか言えません。
長い目で見たらもしかしたら害になるかもしれませんし、
なにも起きないかもしれません。
たぶん、東京の現時点では起きない可能性のほうが大きいと勝手に思っています。

世の中は有害物質であふれています。
そして、その中で日々我々は生きています。

アブラナ科の野菜(例:メキャベツ)には甲状腺腫を引き起こす物質が多く含まれています。
排気ガスの多い都会では、田舎と比べ子供の喘息が多いと言われています。
一方、ヘビースモーカーが90歳まで生きるのは珍しいことではありません。

radioration.jpg
私は毎日毎日何枚ものレントゲンを撮影しています。
人間の病院では、技師がレントゲン装置とは離れた部屋で、
「ハイ~、息止めて~、ピッ」と照射ボタンを押しますが、
動物病院では、動物と一緒に仲良くレントゲン室に入り一緒にレントゲンを浴びます。
防護服は着ますが完全防備とはもちろん言えません。

いろいろな意味でバランス感覚が大切な時代になった気がします。



あ~

カルテ
03 /21 2011
sarumasui.jpg
もう、好きにしてください!

とでも言っているような感じです。
手術前のオマキザル。


sarumasuigo.jpg
開腹手術後のワンショット。

真猿類は知能も高く、手先も器用なので、
手術後の縫った糸をホジホジいじりますので、
縫合には細い糸で丹念に縫い合わせます。
サル手術のちょっとしたコツです。

結石!

カルテ
03 /19 2011
こんな時勢ですが、
診察や手術もはいつもと変わらず行っています。
いま私が出来ることは、それくらいしか
ないのかもしれません。

以下衝撃的画像がありますので、
弱い方はお気を付けください。





先日、大きなケヅメリクガメの大きな結石摘出手術を行いました。
あまりの大きさに、
鉗子などで掴んで引っ張り出すことも出来ず、
思わず膀胱の中に手が!
kedume1.jpg


kedume2.jpg
おー見えてきました!


kedume3_20110319145719.jpg
こんなの出ました!
結石大きさ記録更新。
いやはや・・・・。

カルテ
03 /09 2011
ある夜。
病院に一人残り、残業を行っていました。
その日に限って、いつもの入院室には動物がおらず、
ひっそりと一人さみしい夜でした。

今週末、ウサギの血液学の講演依頼を受けており、
そのために、よなよな血液標本を顕微鏡で眺めては医学書と
照らし合わせる作業を行っていました。

夢中になって、時を忘れるほど…。
気がつけば、日付も変わり、草木も眠る丑三つ時に…。

顕微鏡を覗いていると、誰かの気配が…。
何処だ、何処からだ!

さっと背後を振り返りますが、そこには誰もいません。
・・・・・。

気のせいかと気を取り戻し、再び顕微鏡に眼をあてます。
すると・・・・。

誰かいる!
しかも、笑ってる!!

rabbitwbc.jpg


ん?
・・・・。
好中球?

「シミュラクラ現象」
ある全然関係ない3つのものが、
人の顔に見えてしまう現象をいいます。

その昔、この心理を利用した心霊写真が流行りました。
私も興味深々でした。
しかし、現代、デジカメ全盛の時代において
簡単に偽造出来てしまいますので、
それもなんだかな~、って感じになってしまいましたね。

(でも、これは絶対顔に見えるのは私だけ??)



今朝の

未分類
03 /06 2011
東京新聞(中日新聞)朝刊の「この本、この人」というコーナーで紹介されました!
今日中であれば、コンビニで新聞入手できると思います。
まだ、『珍獣の医学』を手にとっていない方は、是非、是非!よろしくお願い致します。

newspaper.jpg

田向健一

動物病院の院長をやっています。
ペットの病気のことならたいていのことはこなしています。
カメやウサギからピットブルまで、外科も内科、眼科も歯科も行います。
動物、植物を含め、命あるものが大好きです。