髭男爵

カルテ
06 /30 2010
以前にレンコンたくさん食べすぎてしまって
開腹手術になってしまったシュナウザーがいましたが、
今回も、あるものを食べたらしい、ということで
来院しました。

kamidome.jpg
おやおや、シュナ君、何を食べたのかね。

飼い主様:自慢の口髭が食餌の時に汚れないように
     留めていた髪止めが1個見当たらないのです。
     もしかして、とは思うのですが、何処捜しても見当たらず・・・。
     しかも、それ以来、吐き気が止まりません。

ということで、いろいろ検査した結果、
きっと食べてしまったに違いない、ことに決定。
さっそく手術に移行しました。

胃の中を捜したところ・・・。

kamidome2.jpg
ありました、ありました髪止め。
摘出後、私が欲しくなっちゃいそうなくらい綺麗な髪止めでしたが、
ちゃんと飼い主様へお返ししましたよ。
その時に、「またつけてあげますか?」
と聞いたところ、「いえ、やめます!」とのこと。
それはそうですよね。
二度あることは三度ある。
三度目の正直。
とにかく気をつけましょう。

スポンサーサイト

田向式

モノ
06 /28 2010
私が考えた器具が商品化されました。
それはというと、
ウサギやモルモット、チンチラといった動物専用の
歯のカッターです。

これらの動物は、一生伸び続ける歯をもっていて、
かみ合わせが悪くなると、定期的に歯のトリミングが
必要になってしまいます。

最近は小型のウサギが多く飼育されており、
従来の類似器具はウサギ用として販売されていましたが、
大きく使いづらく、チンチラやモルモットにも
通用するずっと小さなものが欲しいと思っていました。

tamukaishiki1.jpg
ご理解のある会社の開発に相談をして作ってもらいました。
とても単純な器具ですが、相談から1年以上もかかりました。
で、実際使ってみての感想は・・・。
うん、ナイス!!
tamukaishiki2.jpg
爪楊枝と比較してみてもその大きさが判りますよね。
これで、1キロに満たないちっちゃなネザーランドドワーフとか、
モルモット、チンチラの狭い口の奥にある歯を
ストレスなく繊細に治療できます!



先日

未分類
06 /27 2010
獣医師を養成する大学から
講義の依頼があり、1時間お話してきました。
依頼内容は、特殊動物の診療についてでした。

いや、大学の授業でこんな講義があるなんて、
私の学生の頃では考えられなかったことです。
ある意味、恵まれているなぁ、と。
ようやく大学側も家畜や犬猫以外にも目を向けてくれるように
なりつつあります。

私の眼が黒いうちに、
犬猫以外の動物もちゃんと獣医療が受けられるようになるといいなぁと願っています。
それまでは日々努力ですね・・。
sarari.jpg
それにしても、どうみてもよれよれサラリーマン。
スーツは似合いませんねぇ。。

コブクロ♪

動物
06 /25 2010
おっと、こんなところで寝ているのは
アカカンガルーではないですか。
ん?
でもなんかちょっとおかしくない?
足の数がなんか多くない?
kangaroo1.jpg
よく見るとお腹から足でてるし・・・・。

ちょっとゴメンナサイねぇ。
僕、獣医だから許してちょ。
失礼しまーす。

kangaroo2.jpg
お母さんのお腹の袋の中でスヤスヤ眠る
赤ちゃんカンガルーがいました♪
やっぱり動物って面白い!

うさぎの健康診断

カルテ
06 /23 2010
小学生から大人まで、
ヤンキー風からセレブ風まで老若男女、
いろいろな患者さまにお越しいただいているのが、
当院の特徴です。

先日もある飼い主様がいらっしゃいました。
その業界では大のウサギ好きので知られています。
ウサギさんの健康診断でいらっしゃいました。

higuchikun.jpg
髭男爵のひぐち君です。
診察の間もそのウサギを見る眼差しは真剣。
そうとう可愛がっているのですねぇ。
診察の結果、いろいろなことが判りました。

と、その続きは、今秋発売のウサギ雑誌
『うさぎの時間』に掲載予定です。
よかったら買ってもしくは立ち読みしてみてください!

お知らせ

未分類
06 /19 2010
現在、診療ほか他の業務に追われて更新が不能な状況です。
おちつくまでもうしばらくお待ちください。
すみません・・・・。

work.jpg
カメの飼育書、来年のカエルのカレンダー、学術論文、その他原稿の同時進行(涙)

田向

怪獣!

動物
06 /18 2010
爬虫類好きの男の子はたいてい
小さなころは怪獣好きと決まっています。

主人公ウルトラマンより、敵の怪獣のほうが
人気があります。
なぜかって?
怪獣にはロマンがあるからです。
そしてまたその怪獣をあこがれて爬虫類が好きになります。

yoroi1.jpg
この凛々しい面構え!

yoroi2.jpg
トゲトゲ尻尾攻撃炸裂!

言葉はいりません。かっこよすぎるオオヨロイトカゲ。

テレビの取材

未分類
06 /13 2010
テレビ制作会社より、
ペットの診療を通じて現在のペット事情を紹介したいとの企画の
お話をいただきまして、3日間終日カメラと一緒に仕事をしました。
診察や手術の模様を撮影しました。

テレビの話はたまにあるのですが、
特に実際の診療に関した話は、
医療の現場であり、病気というナイーブな問題があることや、
内容に整合性がないと受けないことにしていますが、
今回はまともな内容の話と判断して診察や手術までOKしました。

tv.jpg
診察風景の撮影協力していただいた
飼い主の皆さまご迷惑おかけしました。
また、ありがとうございました。

あくまでもまだ企画段階なのですが、
運よく企画が決まったらまたお知らせしようと思います。

追伸:とか言いつつカメラの前で診察、手術は緊張しました(汗)

UFO♪

動物
06 /11 2010
あいあいあい、ぼくは、うーぱーるぱ~♪

最近の若者は~、と言う言葉は好きではないのですが、
最近の若者でこのフレーズを知っている方は少ないと思います。

UFOからやってきました。
ウーパールーパー
こちらの懐かしい映像をどうぞ

uparipa.jpg

ご存じの方には「耳タコ」かもしれませんが、
このウーパールーパーは「商品名」であって、
動物を種を表す名前ではないです。
正式名は、「メキシコサラマンダー」といいます。

しかも、幼形成熟と言って、幼体でありながら繁殖が可能なのです。
不思議なことに、何かのきっかけで、このチャームポイントのフサフサの
鰓が吸収され、大人になって上陸することもあります。

う~む、動物って本当に素晴らしいですねっ。

祝・6月6日♪

動物
06 /06 2010
今日は何の日?
そう、6月6日は「かえるの日」。
知らない方は覚えておいてください。
おっと、信用しない人は、
すぐに「日本記念日協会」のHPへGoして確かめてください。

というわけで、
今日はカエルネタ。

事件がありました。

せんせぇ~、うちの子供がイタズラして、
カエルを布団圧縮袋で圧縮しちゃいました~!!

africabull1.jpg
おわぁあああ~。ホント。カエルが真空パックに!!

どれどれ、じゃあ、私がそこから解放してあげますよぉ~~~。
ベリベリベリ~♪
africabull2.jpg
それにしてもシッカリした袋ですねぇ。
破れません。

africabull3.jpg
はい~、お顔見せてください~。
無事袋から出てこれてよかったですねぇ。
窒息していたかと思っちゃいました。


ってのは、完全に冗談です。
ドキドキした方がいらっしゃったら謝ります。

これは、私が13年ほど飼育しているアフリカウシガエルの「うしくん」です。
時々彼はこうやって、眠ってしまうのです。
現地アフリカでは、乾期で雨が降らない8カ月以上もの期間、
自分で袋をかぶって(作って)乾燥から身を守り、
次に来る雨季までジッと待っているのです。

さっ、勉強になりましたよねっ。

ヘビもまた。

カルテ
06 /04 2010
久々?マニアック手術シリーズ。


患者さま:「せんせぇ、うちのヘビ、卵10個産んだのですけど、
      あといくつかおなかに入っていそう」

私:「どれどれ、あ、ほんとうですね。2つくらいは入っていそうな様子」

snake1.jpg
胴体の一部が不自然に膨らんでいます。

その後、排卵促進剤や保温に努めましたが、
なぜか、脱皮と排尿をしただけで、
一向に卵が産まれる気配がありませんでした・・・・・。

うーむ・・・・。ここはひとつ、外科にかけてみましょうか。

ヘビは鱗が複雑にありますので、
開腹は、脇腹を切開します。
腹筋、卵管に切開を入れて、
詰まった卵を取り出します。
snake2.jpg

その後は、来た道をテープ逆戻り。
卵管、腹筋縫合。
最後に鱗を縫合してフィニッシュ!

snake3.jpg
いえ、ブログではサラサラ事も無げに書いていますが(笑)
実際は緊張してそれなりに「あー、きびしいなぁ」とか思って
やっているのです(汗)。

とりあえず、無事終了してよかったなぁ、というのが実感です。

田向健一

動物病院の院長をやっています。
ペットの病気のことならたいていのことはこなしています。
カメやウサギからピットブルまで、外科も内科、眼科も歯科も行います。
動物、植物を含め、命あるものが大好きです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。