ミクロの世界♪

カルテ
05 /24 2010
今日はあいにくの雨降りです。
知られていませんが、
動物病院はとても天候に左右されるお仕事です。
もちろん、雨の日は、来院数が激減します。
大型犬の来院はめっきり少なくなります。
(ということは、混んでいるのがイヤだという方は、
雨の日は狙い目です。それはさておき。)

ですので、こんな雨降りのときは、
部屋に籠ってやり残した(いや、溜まっている)、
いつもできない事務系仕事をしたり、
文献を読んで勉強したりできます。

今日は、時間があったので、
顕微鏡とニラメッコ。

RBC.jpg
これを見てすぐ何か判った方は、
そうとうマニア。

血液の中に流れる細胞です。
いわゆる赤血球とか白血球とかそういうやつです。
模式図や言葉ではよく見かけますが、
実際にこうやって見ることは少ないでしょう。

さらに見る人が見れば、すぐに哺乳類じゃない、
と気づきます。それは、赤血球に「核」があるからです。
哺乳類の赤血球には核がありません。

血液検査というものがありますが、
検査結果は数値だけのもの、と思っている方もいますが、
実際にこうして直接血液を観察して、
いま体の中で何が起きているか想像することもあります。

獣医師は動物もいろいろ見るし、
診察科目も幅広いので、
飽きないし、とても奥の深い仕事だと思っています。。
一方、その深さゆえ、迷い抜け出せなくこともしばしありますが(苦笑)
スポンサーサイト

田向健一

動物病院の院長をやっています。
ペットの病気のことならたいていのことはこなしています。
カメやウサギからピットブルまで、外科も内科、眼科も歯科も行います。
動物、植物を含め、命あるものが大好きです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。