みーやんのその後。

カルテ
04 /30 2010
ところで、昨日のみーやん。

診察時に触診すると重大な発見が。

おなかが膨れています。
しかもかなり。

検査をしたところ、おそらく子宮の問題だろうと。
急きょ手術になりました。

miyan2.jpg
手術前の様子。
まるで妊娠しているよう。

手術後。
おなかから頭より大きい腫瘍が出てきました。
この腫瘍が直腸を圧迫し、便秘を引き起こしていました。
miyan3.jpg
犬も猫もウサギもカメレオンもそうですが、
やはり、高齢になると婦人科系疾患が多発しますので、
特にメスの子を飼われている方は気をつけましょう。
(と言っても気をつけようもないのですが。
  あえていうなら、若いうちの避妊手術でしょうか)

うちの子に限って、ということも少なくもありません。
で、このみーやんは無事次の日には快便になりました。

スポンサーサイト

ジャコウネコ♪

動物
04 /28 2010
当院の来院動物の比率は、といいますと
犬猫が約6割、その他が4割ほどになります。

その他が4割という数字が多いのか少ないのかわかりませんが、
時々あまりお目にすることのない動物も来院します。

ミーアキャットです。
アフリカ出身のジャコウネコ。

ウンチがあまり出ないとのことで来院しました。
詳しく検査すると、思わぬものが見つかりました。

その経過はまた日を改めご説明します。
とりあえず今日のところは、可愛いミーヤンをどうぞ。

miyacat.jpg

そっと

動物
04 /26 2010
覗いてみてごらん♪

多摩川土手の護岸の排水溝を
覗いてみると、眼と眼があった動物がいました。

何だか判りますか?
aodaisho.jpg
ヘビです。
アオダイショウという本州最大のヘビです。
ご安心を。毒はありません。
冬眠明けなのか寝ぼけた様子でこちらを見ています。

東京とは言え、こういう動物が身近にいると
よかったなぁ、と。

まだまだ気づいていないだけで、
身近にはいろいろな動物がいそうです。

でんちゃんだって

動物
04 /23 2010
久々の登場のでんちゃん。

今日は、体が汚れてきたので、
当院の看板犬としてもよろしくないので、
シャンプーを行うことにしました。

でんちゃんは鋼のような肉体と精神を持っています。
動物用シャンプーなどといったヤワなものでは心身ともに
綺麗にすることができません。

もちろん、わんちゃんはやさしく洗うのが原則ですが、
交通量のとても多い環八を毎日監視するため、
その汚れはなかなか落ちるものではありません。

よって、本望ではありませんが、
お掃除の定番、マイペットと亀の子たわしを使ってシャンプーです。
denshanpoo2.jpg
お鼻に泡なんてつけちゃっていつにもましてキュート♪


denshampoo.jpg
石鹸の残りは肌荒れの原因ですので、
仕上げはやさしく温水ですすぎます。

綺麗になってよかったね、でんちゃん♪

カメレオンの夢

カルテ
04 /20 2010
ある日。

小学生が虫カゴに緑色の生き物を入れて
診察室に入ってきました。

小学生:「せんせい、うちの、エボシカメレオンのメロンちゃん、
     おなかがボコボコしていて、餌を食べないです」
     「たぶん、卵が詰まっているとおもうのです・・・。」
chame1.jpg

私:「どれどれ、そうだね。確かに卵詰まってるね、これ。
   それにしてもよく判ったね。」

小学生:「だって、毎日爬虫類図鑑みたり、先生のブログ読んで勉強してるもん♪」

私:「それは、よかった。でも、手術しないと出てこないよ。」

小学生:「よろしくお願いします。」

私:「大丈夫、安心していいよ」

chame2.jpg
麻酔はいつものガス麻酔。
犬用マスクにすっぽり入って、麻酔薬の臭さで思わず「しぇー♪」


ワンちゃんも、猫ちゃんも、ウサギさんも、亀さんも、カメレオンさんも
不妊手術は得意です。いつもの通り。
chame3.jpg
出てくる出てくる、綺麗な卵。
chame4.jpg
終了。真珠のネックレス状態。
よくもこの身体に貯め込みました。
chame6.jpg
おなかの膨れもすっきりしました。

小学生:「せんせ、ありがとう。
     でもって、将来、獣医さんになりたいのです。」

私:「図鑑ばっかり読んでいると、頭の中が動物園みたいになっちゃうから、
   ちゃんと、国語とか算数の本も読まないとね。」








逆戻り↓

動物
04 /16 2010
先日まで暖かかったのに、
東京地方はまた、シトシト寒いお天気。
せっかく春を感じたと思ったのに。

ということで、
今日の動物はこのお天気に関係する動物です。

さて、問題です。
この動物はなんというでしょーか?

amefurasi.jpg
答えは、後ほど・・・・。

謝罪♪

植物
04 /13 2010
本日、開花♪

シンビジュームの一種。
この株は1年前にお付き合いのある業者さんから
頂いたものです。

たいてい頂き物の鉢植えの蘭は
その時の花が終わってしまうと味気がなくなるうえ場所をとり、
何となくそのままフェードアウト(枯死)しまうことが多い。
しかし、それなりに育てると、翌年も綺麗なお花が咲きます。
sinbijium.jpg
蘭は意外と水を好みますが、べたべたの環境もダメで、
たっぷりの散水と水はけのよさが重要です。
というと難しそうですが、
用土が乾いたら、水をやる、という、
簡単な繰り返しが大切です。

多忙な現代人はそれすら難しい。
かくいう私も時々フェードアウトさせてしまいます。
蘭ちゃん、ゴメンナサイ。



巨大な生命体!

動物
04 /11 2010
いままでにいろいろな動物をご紹介してきましたが、
この動物は40億年の地球生命の歴史の中に於いても最大にして、
いまだかつて誰もその飼育を試みた人もいません。

なぜなら、この動物を飼育するには、
最低、地球規模の施設が必要です。

この瞬間にもどこか大洋の大海原を
悠々とかつ急いで餌のプランクトンを
求めて泳いでいることでしょう。

世界最大の動物が食物連鎖最下位のプランクトンを
食べると聞くと、効率が悪いんじゃない?と思われるでしょうが、
世界最大の動物が他の動物や植物を食べてしまった場合、
食物のニッチェを奪い合う結果となり、
つまるところ自身の種を維持することができません。

この巨体がプランクトンを狙って食べることは
とても理に適っているのです。

地球上それぞれの動物は何気なく生きているようですが、
実は長い年月をかけて、緻密に進化適応を繰り返し、
現在の姿になっているのです。

blue whale
シロナガスクジラ【Balaenoptera musculus
体長20-30m、体重150tに達し、世界の全海域に生息する。
11か月の妊娠期間を経て、
なんと7m!の赤ちゃんクジラを1頭だけ出産する。


動かざるごと植物のごとし

動物
04 /09 2010
この緑色の物体はエメラルドツリーボアという蛇の一種です。
水平の木の枝に、ソクトクリームよろしく
とぐろを巻いて、動きません。

どれくらい動かないかというと、
すくなくとも昼間は1ミリも動きません。
夜、電気を消して、しばらくして、パッと電気をつけると
バツが悪そうに伸びているところをやっと見ることができます。

よくスタッフに全然動かない動物飼っていて何が面白いですか?
といわれます。
また、口の悪い友人に言わせれば、
だったらゴムのおもちゃでいいじゃん、とも言われます。

しかし、私はむしろ動かない動物(特に爬虫類の場合)が好きなのです。
理由は自分でもよくわかりません。

emeraldtree.jpg

コロコロ大行進!

カルテ
04 /05 2010
うさぎさんのウンチはいつもコロコロ。
丸いウンチはいったいどうやってできているのでしょうか。

どんな動物でもウンチの製造過程はなかかな見れませんよね、
当たり前ですが・・・・。

それでは、わたくしがその製造過程をお見せすることにしましょう。
おなかの中を見るには、そうレントゲンです。

しかし、レントゲン撮影だけではウンチはよく見えませんので、
健康なうさぎささんにバリウムを飲んでもらって、
どんな感じか見せてもらうことにしましょう!!

って、うまくいくのか?!


では、ウサギさん、バリウムを。
はい、センセ。
グビグビグビ♪
まずい!もう一杯!

では横から写真を撮りますよ。
カシャ♪
rabbitxray.jpg

おお、うまくいきましたねっ♪
左の白いところは胃です。
真ん中下の白いモヤモヤしているところは盲腸です
盲腸からお尻に向かってお行儀よく、アリさんの行進よろしく
コロコロウンチが整列していますねっ。

ということで、盲腸を出たあたりからコロコロが製造されているのでした!



野性の掟

動物
04 /04 2010
ここはオーストラリア。
原野を一直線に貫く人工的構造物は地平線まで続きます。

時速100キロで1時間走っても景色は変わりません。
その代わり、ときどき思わぬものが落ちています。
kangaro.jpg

カンガルー。
日本の交通量に比べれば、無に等しいといえますが、
カンガルーさんはまれに轢かれてしまいます。
とっても運が悪かったとしか言えません。

そもそも、この道は高速道路ではありませんが、
時速100キロオーバーで走行するのが常習ですので、
それにぶつかれば即死と思われます。

しかし、時速100キロでこの大きさの動物とぶつかった場合、
下手をすれば、人間の命も危なさそうです
人間も即死ならともかく、車が壊れてしまった場合、
この場所で夜を明かすとすれば、
得体の知れない野生動物に食べられちゃいそうです。

オーストラリアの原野の移動は動物も人間も命がけです。
合掌。






春がきた♪

植物
04 /03 2010
この時期といえばやっぱりさくら。

今日明日で「さくら」と題したブログは日本中で
どれくらいの数がネタになるのでしょうかね。

また、昨夜や今夜はどれくらいの方が
「花見」に出ているのでしょうか。

そんな中、さくらのネタで記事を書くのは
ベタでいかにもでありきたりなので、
別のネタで行こうかと思いましたが、
やはり、私も日本人ですので「さくら」でいきます。
ごめんなさい。

私の仕事は朝から晩までほぼインドアですので、
外に出るのは、出勤時と帰宅時です。
今朝パチリと1枚やりました。

sakura.jpg

こうやってみるとやはりさくらは偉大です。
長い冬の期間を明けて、新年度を迎える気になります!

田向健一

動物病院の院長をやっています。
ペットの病気のことならたいていのことはこなしています。
カメやウサギからピットブルまで、外科も内科、眼科も歯科も行います。
動物、植物を含め、命あるものが大好きです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。