春!

未分類
03 /30 2009
だんだんと暖かくなってきましたね。
外に出れば、春の香りも僅かに感じますね。
桜の花もチラホラ咲き始めています。

年度変りの4月もあと数日。
入学や就職や新たな習い事やその他色々、
皆様、バタバタ、ドキドキ、ウキウキ、ワクワクしているかと思います。

ミツバチさんも一生懸命働いています。
私のほうも変わらず頑張っていきますよ~。
hornet.jpg


スポンサーサイト

その名は・・・・・・

モノ
03 /29 2009
以前にも書いたと思うのですが、
動物病院は、小さな総合病院です。
いろ~んな診療科目を持っているからです。

人間の個人内科病院で血液検査をした場合、
結果は通常、数日後になりますよね。
それは、採った血液を大抵は外部の臨床検査センターに外注しているからです。

しかーし、個人経営の動物病院はそうではありません。
相手が動物なゆえ、迅速な検査、診断をしないと
あっけなく死んでしまうこともあるからです。
したがって、多くの動物病院では、
独自の検査システムを持って、
すぐに対応できるようにしているハズです。

このマシンは血液の中の血球を数を数える機械です。
赤血球や白血球などの数を30秒程度でカウントしてくれるスグレモノ。
価格は3桁の万円です。
poch1.jpg

いえ、マシンの自慢?が言いたかったのではありません。
このネタを取り上げたのは、他でもありません。

このマシンの名前、
pocHと書いて「ポチ」といいます。
動物病院用だからといって、なんとも安易で微妙なネーミング。

真面目な話、検査で裏方がバタバタしているとき、
私はスタッフに
「ちょっと、そこのポチちゃんの血液、ポチもやっておいて!!」
と大声を張り上げているのですから。
(あ、オヤジギャグだ(汗))

お団子ガエル?

動物
03 /28 2009
世界中にカエルは約4000種類いるといわれています。

日本でカエル、というと大体、水辺の生き物、
というイメージが定着していますよね。
でも、世界にはいろーんなカエルさんがいるのです。

100%水中で生活するやつとか、
生涯にわたり木の上で過ごすやつとか、
いろいろです。

そんなんで、今日の患者様。
なんか様子がおかしいとのことで来院。
飼育ケースごと連れてこられました。
fukura.jpg

おおお、土の中にいるのですね。
モグラの診療みたいです。
今回のカエルさんは、地中生活者です。
放っておけば、1カ月でも土の中から出てきません。
何を飼っているか判らなくなること必至。

診察に、と掘り起こしてみると・・・・。
お団子に手足をくっつけたみたいなフクラガエルでした。
fukura2.jpg
アメフクラガエル(Breviceps adspersus
フクラガエルの仲間には13種ほど知られており、
四肢が短くまんまるな体型が特徴的なアフリカを代表する地中棲のカエル。
その体型からバルーンフロッグとも呼ばれる。
後ろ肢には硬い鋤があり、野生下では50センチくらいの深さまで潜る。
降雨期には、地上に多数出現して約60個の卵を産む。




アイタタタッ!

カルテ
03 /27 2009
昨今は、小型犬を飼われる方が
非常に多くなっています。
小型わんちゃんの御三家と言えば、
トイプードル、チワワ、ミニチュアダックスですね。

私個人的には、どの犬種も家庭犬としてとても飼いやすいと思っています。
しかーし、家庭内で一緒に過ごすとなると、小さいだけに思わぬ事故も。
今日は、トイプードルちゃんが来院しました。

飼い主様:「せんせ!うちのももちゃんが、
        どっかから落ちたみたいで、足がダランとしてます!!」

私:「どれどれ、(触診中)
   あっ・・・・・。
   この子のあんよ、十中八九折れてますよ。
   まずはレントゲン撮ってみましょう。」

レントゲン写真、カシャ♪
plate3.jpg

手首が見事にポッキンです。
アイタタタッ。

小型犬の前腕の骨折は、肢の骨折の中でも、
やっかいで、獣医泣かせ系骨折と言われています。
今回は、スジや血管を微妙に避けつつ、
金属プレートと5本のネジで固定しました。

plate.jpg

手術終わって、横方向からレントゲンカシャ♪
plate4.jpg

まっすぐになりましたが、
骨がちゃんとくっつくまでの2カ月はギプスと運動制限が必要です!!
くっついたのを確認して、あとからプレートを抜かないといけません。
plate5.jpg
ももちゃんなだけに、ピンクのギプスで縁起担ぎ。


えっと、このブログ書いて気づいたのですが、
足の骨ってよく折れていますよね。
多くは、踏んじゃったり、落としちゃったりの飼い主様が絡んだ事故が原因です。
何だかんだ、骨折って大変なんです。
皆様、どうかどーか、事故には十分にお気を使いくださいませ。


フクロモモンガ♪

動物
03 /25 2009
最近はやりの小動物と聞かれたら、
「フクロモモンガ」を挙げないわけにはいけません。
そのエキゾチックな風貌、テレビCMの出演もあって、
人気急上昇中。

今日も来院されました。
生後数カ月。
手の上で寝てしまうあどけなさ。

suger1.jpg

おーい、診察ですよ~。
起きてくださ~い!

suger2.jpg

眠たそうなウルウルおめめが可愛いですね。




グリーンイグアナ♪

カルテ
03 /22 2009
今日の患者様はおっきなイグアナさん。
動物病院の診療動物の書いてある看板に、よく
「イヌ、ネコ、小動物」
とかって書いてありますが、
このイグアナは、小動物に属するのでしょうか?
体重は5キロありますので、小型犬よりおっきいのです。


患者様:「センセ、うちのイグアナ、どーも顔色が悪いです。
      どこか、びょーきですかね?」

iguana2.jpg

私:「どれどれ、確かに顔色も口腔内の粘膜の色も悪いね。」
  「血液検査をしたほうがよさそうですよ。」

iguana1

飼い主様:「では、血液検査お願いします。」

私、スタッフに対し:「じゃあ、ちょっと押さえておいてくれ、
             さっさと、血液採らないとストレス与えちゃうからね」

iguana3.jpg

イグアナの場合、尻尾の中心を流れている血管から血液を採ります。
鱗の隙間から針を刺して、ピューっと♪

えっと、蛇足ながら念のためご説明しますが、
イグアナの血液も人間と同じように「赤」でございます。
決して、「緑」とか「青」ではありません。
あしからず・・・・・・。

ミニブタ♪

動物
03 /17 2009
わが病院には、毎日様々な動物が
いろいろな病を抱えてやってきます。
中には、レアなペットも来院します。

レアといっても動物自体が珍しいのではなく、
動物は珍しくないが、ペットとして珍しい動物もいます。
ブタさんです。

ブタさんはとっても有名ですが、
実際飼育している方は極少数。
ブタといっても、あのブタではなく、
「ミニブタ」という種類です。
もともとは、実験動物として改良されたものですが、
ペットとして一部の方にはとても人気があります。
きれい好きなところもいいですね。

minibuta.jpg

海はいい!

未分類
03 /16 2009
私は、生命溢れる熱帯雨林も好きですが、
海も同じくらい大好きです。

海を眺めていると、小さなことはどうでもいい気になりますよね。
都会のジャングルの中で、
日々こもっていると、時々何にもない所へも行きたくなります。

海は世界中につながっている道であったり、
水中には、有象無象の無数の生命が息づいていたりと、
妄想するにはもってこいですよね。

たまには、ぼ~っと海を眺めていたいなぁ。
そういう時間、ずいぶんご無沙汰してます。
sea.jpg

今日は耳鼻科

カルテ
03 /15 2009
飼い主さま:「せんせ、うちの犬、左耳が風船みたいに膨らんじゃいました!!」

私:「どれどれ、フムフム(触診中)」
  「これは、耳に血が溜まる耳血腫(じけっしゅ)というものです。
   抜くと一時的には小さくなりますが、あさってには今と同じになっちゃいます。」

飼い主さま:「そうですか~、抜きづづけて治ることありますか?」

私:「可能性はゼロではないですが、手術のほうが確実ですね。」

飼い主さま:「じゃあ、いっそお願いします!」

耳血腫解説
耳は皮膚と軟骨からなります。耳の内部には無数の血管が張り巡らされています。
しかし皮膚と軟骨との接着が弱いため、内部で血管が切れ出血が起こるとその接着が剥れ、
皮膚と軟骨との間に大量の血液が貯まってしまいます。この状態を耳血腫といいます。

外科的治療は、耳の皮膚に穴あけパンチのようなもので、10か所位穴をあけた後、
軟骨と皮膚を縫合します。
手術後は、しばらくテーピングを施します。


jikesyu.jpg
エアデール・テリアは本来たれ耳ですが、バンテージで立ってしまいました。
これはこれで可愛いですね。

  

コモンマーモセット

動物
03 /14 2009
本日ご紹介の動物は、
小さな小さなお猿さん。
白い綿帽子をかぶったような大変可愛らしいお猿さんです。

ポケットに入っちゃうくらいなので、
ポケットモンキーとも呼ばれています。

大きさはリスくらいの大きさで、
雑食性でなんでも食べますが、
好物ばかりを食べさせていると、
偏食になりますので注意が必要です。
お猿さんをうまく飼うコツは食餌と運動に尽きます。

common.jpg
コモンマーモセット(Callithrix jacchus
北東ブラジルのピアウイ州からリオデジャネイロ州までの熱帯雨林に生息。
性格は、好奇心旺盛な半面、臆病なところもあり、
本当の意味でのポケットに入ってもらうようなお猿さんにしつけるには、
日々のスキンシップと信頼関係が必要です。

2月1日のうさちゃん経過

カルテ
03 /13 2009
今日は骨折うさちゃんの再診日でした。

手術直後は、とても痛々しかった
手術部位の毛も生えそろい、
メカニカルな装置も目立たなくなっていました。

usagisougai3.jpg

手術後しばらくは、びっこ状態でしたが、
最近では普通に走り回れるようになり、ご飯もよく食べ元気一杯ということ!
usasougai1.jpg

骨の状態を調べるために、レントゲンを撮りました。カシャ♪
骨の癒合も始まっていました。
usasougai2.jpg
もうすぐでこの装置も外せそうです。
うさぎさん、もうちょっとの辛抱ですよ。

アマゾンシリーズ第10弾・野良くまちゃん

未分類
03 /10 2009
これもまた、久々、アマゾンシリーズ。

人生初めての海外旅行がアマゾンでした。
旅行計画は60日、単身、行き当たりばったりというものでした。

行った先で見たものすべて、文化や自然の大きな相違は、
20代の若者だった私を驚愕と熱狂に陥れ、
感受性の高かった心にビンビン響き渡ったのでした。
その貴重な経験は後の人生にも大きく影響しているようです。

などという、過去の想い出に浸って、
現在のふがいなさをカバーしようとしている昔話はさておき。

その後も、いろいろな発展途上国へ行きましたが、
やはり、ブラジルならではだったな、思ったことがあります。
どこの国でも、野外でデローンと無気力にうろつく動物は、
痩せこけた野良猫、野良犬と相場は決まっているのですが、
アマゾンは違いました。
野良ハナグマです。しかも、丸々太っていて気力充実。
なんでも食べちゃいます。

hanaguma.jpg
ハナグマ(Nasua nasua
見かけによらず、木登りがとても上手。
活動的な動物で、果実や昆虫、鳥、卵、爬虫類など食べる雑食性。 
岩穴に巣をつくり、1度に1から2から6匹の子供を産む。


何でも屋♪

カルテ
03 /08 2009
街の動物病院は、
診療科目を区切らない、
いわば小さな総合病院。

歯科や眼科、耳鼻科や泌尿器科、いろいろやります。
今日は、ちょっとした美容整形です。

飼い主様:「せんせ、うちのわんちゃん、背中にイボができちゃいました、どーしましょ」

ibo1.jpg

私:「ほっておいても害はありませんが、あとは見た目の問題です」

飼い主様:「そーですか、簡単に取れますか?」

私:「はい、簡単ですよ」

よく女性週刊誌にもありますよね。
「レーザー手術で、痕の残らない治療法」
お安いご用です。
ちょっとだけ、局部麻酔の注射をして、
レーザー照射!

ibo2.jpg

はい、終わりましたよ。たったの15秒。
その後のケアも必要なく、痕も残りません♪
ibo.jpg

いやー、動物病院って本当に面白いですね(仕事として)!



ハワイ土産の定番?

カルテ
03 /07 2009
久々手術シリーズ。
たった今終わったところです。
今日の症例は2キロのヨークシャテリアちゃん、9歳。

飼い主さま:「せんせ、この子、数日前より、ご飯を食べると吐くのです。」
       「水を飲んでもすぐに吐きます」

私:「そうですか、では調べましょう。
   バリウムを飲んでもらいますね。」

わんちゃん:「ゴクゴク♪」

時間を追ってレントゲン撮影、カシャカシャ♪

私:「飼い主さま、なんか、バリウムの流れが変なのですが、
   変なもの食べちゃったってことないですか?」

飼い主さま:「あ、そういえば、数日前、マカダミアナッツ入りのチョコを・・・・。
        でも、チョコだけ舐めて、ナッツは食べて居ない筈なんですが・・・。」

私:「そうですか・・・・、レントゲンではナッツは写らないのですが、
   なんだかとっても怪しいですよ、ナッツ・・・・・。」
   「白黒はっきりさせるには、検査的な開腹をするのが、ベストだと思うのですが・・・。
   やるのであれば、様子を見ないで、今夜やったほうがいいでしょう・・・・。」

飼い主様:「了解しました。では、お願いします!」

私:全身麻酔かけて。
  皮膚切開→腹筋切開→胃を直接触ってチェック→!?→硬い丸いものが・・・。
   胃の切開→マカダミアナッツだ~!

macadamia.jpg

ということで、幸か不幸か、ちゃんとマカダミアナッツが出てきました。
おいしかったのでしょうね。チョコとナッツ。

腸閉塞は、手遅れになると死んでしまうので、皆様ご注意を!

大好評につき

未分類
03 /03 2009
今夜は、雪も降りそうですし、
熱く暑くなるためにも
「サザン・ウィーク」延長を決定!

幸い、ライブDVDには、Disk1とDisk2がありますので、
今週は、後半のDisk2をお楽しみくださいませ。

southen2.jpg
いや~、熱いですね~!!

子犬ちゃん、いらっしゃい♪

動物
03 /02 2009
わんちゃんは、
1キロに満たないチワワから60キロになる
セントバーナードまで様々な大きさの種類がいますね。

1キロのチワワの大人と、
1キロのセントバーナードの子供、
大人と子供の区別つきますか?

よく、小さな(種類の)わんちゃんを散歩していて、
「まだ、赤ちゃんですか?」と質問している方の風景を目にしますが、
そういう質問をする方は、動物を知らない人だな、と思います。

小さくても大人は大人の顔をしているし、
大きくても、子供は子供の顔をしています。
例えるなら、身長160センチのおばあさまと、
身長170センチの女子高生では全然違いますよね。

いや~、子犬は文句なしに可愛いですね!!

bmd.jpg
バーニーズ・マウンテンドッグ
スイスの山間部で過酷な気候に耐え得る牧畜犬、ファーム・ドッグであったが、
力持ちをかわれ、町で荷物を曳くようになった。
多くの使役犬の衰退の例にもれず、第一次大戦後には雑種化し、絶滅寸前であったが、
一部のブリーダーで維持された。
主人に忠実で、温和な性格が好まれ家庭犬として人気上昇中。

うさぎさんいらっしゃい♪

動物
03 /01 2009
只今、うさぎさんの健康強化期間なのですが、
毎週、週末になるとたくさんのうさぎさんに来ていただいています。

今日は、その中の1匹を紹介いたします。
アイシャドーを塗ったような、とってもキュートな
うさぎさんですね。
ドワーフ・ホトトという珍しい品種です。
ケージから身を乗り出し、病院の中を探っていたところを、
パチリッと写真を撮りました。

hott.jpg
ドワーフ・ホトト
黒いネザーランドドワーフとホワイトラビットとホトトを交配してドイツで作出されました。
体形は短く肩からお尻にかけて幅が広く丸みを帯びています。
性格は好奇心が旺盛で人によく馴れます。

田向健一

動物病院の院長をやっています。
ペットの病気のことならたいていのことはこなしています。
カメやウサギからピットブルまで、外科も内科、眼科も歯科も行います。
動物、植物を含め、命あるものが大好きです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。