ボルネオ

未分類
07 /16 2008
昨年、訪れたボルネオの写真から。
ボルネオ、という言葉は良く耳にするけど、いったいどこにあるか知らない人が案外多い。
ボルネオ島は、タイがあるマレー半島の南側にある世界で3番目に大きな島。
マレーシア、インドネシア、ブルネイの3カ国の領土をもっている。

ジャングル好きの私は、学生時代よりアマゾンを始めいろんなところに行ってみたが、
様々な点で、No1の熱帯雨林と思っています。
第一に、英語が通じ、治安が良いのは特筆すべき点です。
そして、もっとも重要なのは日本からの近さ。
直行便でなんと7時間で着いてしまう。

そこには無数といえる生命が息づいています。大型霊長類の代表とされる、オランウータン、
テナガザルなど、行けばかなりの確率で出逢える。
そういうことが出来るのも世界広しと言えども、ここだけでしょう。

私のお気に入りは、
ボルネオの玄関口、コタキナバルからセスナで2時間、そこから4駆で2時間。
ダナンバレー自然保護区です。

borneo1.jpg

いつも、人に飼育されている動物ばかりをみていると、
時に、太古の自然の中の生命から力を得たい衝動に駆られます。

昨年充填したエネルギーもそろそろ、底を着いてきました。
また、太古のエネルギーを充填しなければなりません。
次は、どこのジャングルに行こうかな。





スポンサーサイト

田向健一

動物病院の院長をやっていますが、小さなクリニックの院長です。ペットの病気のことならたいていのことはこなしています。
カメやウサギから50㌔のピットブルまで、外科も内科も行います。動物、植物を含め、命あるものが大好きです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。