『獣医が知っていて医師が知らないこと』

書籍など
02 /24 2017
獣医療で使う器具や薬の約8割くらいが人間用のものです。
それはなぜかとういと、人の医療は獣医学より遥かに進んでいるからです。

人間も動物なので、動物も人間と同じような病気になります。
というか、医学が「病気と定義」しているものを動物に当てはめて考えているのが獣医の思考です。
医学なくして獣医学なしですね。

というこで、そういうことは獣医師なら当り前だのクラッカーなのですが、
(だから獣医が偉いということを言っているわけではないです)
この本は、人間の医師が動物を診たときに、それに気づいたお話です。
「動物も同じなんだ!」と。

barbara.jpg

ちょっと分厚いので時間がある方にお勧めです!
忙しい方には、こちらであらすじが分かります。
本の著者と同じバーバラ先生が語ってくれています。
ポチっと動画もどうぞ。
『獣医が知っていて医師が知らないこと』

お楽しみください!
スポンサーサイト

とっておきの言葉

書籍など
01 /27 2017
小説家、俳優、タレント、スポーツ選手、芸人、企業家、学者、アーティスト……
さまざまな分野で活躍する101人が選ぶ「とっておきの言葉」が集められた本
『101人が選ぶ「とっておきの言葉」』(河出書房新社)が発売されました。
私はその中の一人として、いつも心に留めている言葉を選び寄稿しています。

力が欲しいとき、気分がすぐれないとき、明日に向かって歩きたいとき、
そんな気分になっている方は手に取ってみてみてください。

私の言葉はともかく、他の大御所の方々の言葉は、深くじわじわと心に沁みわたります。
totteoki.jpg


どこかに

書籍など
10 /26 2016
登場しておりますので、
ご興味があれば、探してみて(書店、コンビニ、Amazon、立ち読みなどなど)
笑ってやってください!
病院待合にも置いておきますね。
Forbes.jpg

ねこちゃんとの組み合わせ

書籍など
09 /20 2016
なかなか更新ができませんでした。
秋は学会シーズンで有難いことに、
いろいろなところから声を掛けて頂いておりまして
診療や手術のほかそれらの準備に日々追われています。
いいわけです、ハイ。すみません。

ということで、
最近は猫ちゃんブームということです。
最近、私も新たに2匹仔猫を飼い始めました。
猫ちゃんのカレンダー作りに少し協力しましたので、
お知らせします。

caren1.jpg

caren2.jpg

猫ちゃんと他の動物が仲良く写っている微笑ましいカレンダーです。
私は、その中で猫ちゃんと他の動物を一緒に飼うことについての
注意点などをコメントしています。

猫ちゃん好きの方は是非手に取ってみてください。
Amazonなどで購入できます!
『猫とともだち カレンダーBOOK2017 』(角川SSCムック)


新聞記事

書籍など
06 /21 2016
先日、『朝日中高生新聞』という新聞に載りました。
「夢ナビお仕事レポート」というコーナーで獣医師の仕事を紹介しています。

私の一日とともにどんな仕事をするのかが取材されています。
そして、仕事の極意と題して、3つ挙げてあります。

①好きである
動物が好きで、興味を持ちづつけることが何より大切

②飼い主の立場に立つ
  飼い主が納得できる医療を提供する

③日々、勉強
 常に現場で考え、学んでいく

ということで、獣医さんを目指している、中高生に
少しでも参考になればと思います!


sinbun.jpg

田向健一

動物病院の院長をやっていますが、小さなクリニックの院長です。ペットの病気のことならたいていのことはこなしています。
カメやウサギから50㌔のピットブルまで、外科も内科も行います。動物、植物を含め、命あるものが大好きです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。