より安全な手術の為に

モノ
07 /20 2014
小動物の手術が難しい点として、

手術前の身体状態の把握がしにくいことがあります。人や犬猫など
ある程度の大きさのある動物でしたら、術前に血液検査やレントゲン検査、
場合によってはCT検査など十分に手術を受ける動物を精査してから、
それでOKであれば、手術に望むことができます。
しかし、小動物となるとなかなかそうは行きません。
採血もろくに出来ませんでし小さすぎる動物はレントゲン画像の評価も困難です。


もう一つ、大きな問題点として、
手術で最も重要な全身麻酔も体が小さくなると難しいものがあります。
現在、麻酔はガス麻酔で行うのが一般的ですが、
人間、犬、猫などの麻酔は気管にチューブ(気管チューブ)を入れて、直接、気管から
肺にガスを入れます。そして、気管チューブを入れると、
呼吸の回数から、麻酔ガスを入れる量(圧力)まで機械を使って完全に管理ができます。

しかし、ウサギの大きさ以下の小動物は小さすぎるあまり、
気管チューブを挿入できないので、代わりに、麻酔マスクを使って、
動物自身の呼吸を頼って行わないといけません。

麻酔が深くなると、呼吸が止まってしまうこともあり、止まってしまうと、
チューブを入れていないので、呼吸をコントロールできないのです。
したがって、麻酔マスクでの麻酔は呼吸が止まらないように、
より細心の注意をはらって、麻酔濃度を調整しなければなりません。

すなわち、その呼吸を「ちゃんと術者と麻酔係りの目で目視」して呼吸を維持しないといけないのです。
しかし、、、その「呼吸の目視」が小動物の手術中の場合、とても難しいのです。
なぜなら、手術中は、「滅菌布」を全身に被せてしまうので、
呼吸している動きを目視、確認することが難しいのです。

と、前置きがずいぶん長くなってしまいましたが、
そこで、この「呼吸の目視」を可能にさせる、新しい手術用「滅菌布」を
開発しました。それが、「小動物用胸部ドレープ」です。

drape.jpg

これだと、透明ですので、手術中も繊細な胸部の動きも確認できますし、
マスクがずれていないかどうかもすぐに確認できます。

このドレープは、メスなどが触れても、簡単に破れたりせず、鉗子つまんでも穴が開きません。
かつ、高圧蒸気滅菌をしても、溶けたり、変形したりしません。
この素材は、ドイツから輸入した特殊なシリコンを使っています。
私のアイディアを、心ある樹脂造形会社の方が、形にしてくれました。
世界にまだ4枚しかありませんが、
今後、小動物を手術する多くの先生に使っていただけるよう、思案中です。


キリンの手術!?

モノ
09 /10 2013
来るものは拒まず、というのが当院のモットー。
時には、とんでもない動物が来院します。

キリン。

しかも、今回はよりによって、大手術の依頼。
なんでも、内臓の位置を確認し、
自分で立てるようにして欲しいとの依頼。
おのずと私も気合が入ります。
ミスは許されません。

kirin1.jpg


しかし、動物種が違っても持っている臓器は同じ。
心臓に腎臓に肝臓、胆嚢、消化管・・・・。
kirin2.jpg



もはや、私にかかれば、説明書もほとんど読まず、10分で手術終了。
kirin3.jpg
無事、立てるようになり、ミッション完了!







80歳になっても

モノ
08 /14 2012
この世の中、デジタル化がどんどん進み、
すごいスピードで時間が経過していきます。
パソコンなんて、1-2年でものすごいスペックに変化して、
ここは何処、私は誰、すぐに浦島太郎状態になちゃいますね。
ケータイもしかり。

私はこう見えても?(そのまま?)アナログ系なので、
どちらかというと、変わらないもの、
変えようとしない頑固さも好きです。

montbranc.jpg
この万年筆は、学生時代、いまから16年くらい前に
アルバイト代をためて買いました。
万年筆はモンブラン製、インクはパイロット製のブルーブラック。
作家を目指していたとか(笑)、そういうことは全くなく(というより獣医大生でしたし)、
単に、ずっと隣にいてくれる親友のような筆記具が欲しかったのです。

もう、20年近くも経つのに、その輝きや存在感は色あせず、
むしろより一層、愛おしい存在になっています。
パソコンなんて、その間に何台買ったことでしょう。
1台1台パソコン君とも短期的にはお友達になりましたが、
記憶に残るような親友の1台はありません。

デジタルがハードだとすれば、アナログはハート。
デジタルは電源が無ければ、情報が古くなれば、なにもできませんが、
アナログは心さえあれば、ずっと生き残りますし、何度も蘇ります。
きっと、この親友は80歳になっても一緒にいることでしょう(私が生きていれば、ですが)。

そうは言っても、私も原稿など全ては、こうしてパソコンを使って
書いてしまうので、親友の出番はめっきり、というかほぼありません。
時々こうして眺めて、インクを入れたり出したりして楽しみます。

さ、30代最後の年、たまには彼を使って何か書こうかな。
いよいよ書くモチベーションが上がってきました。


追伸:お盆も休みなく通常通り診療を行っております。






贈り物

モノ
09 /20 2011
先日、初めてお会いした獣医師がいました。
その先生と私は同い年ですが、
出身大学が違ったため今まで一度も面識はなかったのです。

が、以前より私の本の熱心な読者でいていただいたようで、
初めてお会いしたにもかかわらず、
旧友のような気分で楽しく時間を過ごすことができました。

その数日後、こんな本が病院に届きました。1977年初版。
uenobook1.jpg

そして、こんなメッセージが添えられていました。
uenoboo2.jpg
粋なことしていただきました。
同じ職業を持つものとして、こんなに嬉しいことはありません。
U先生!ありがとう!

4D VISION

モノ
08 /30 2011
最近はまっているもの。
4DVISIONという立体型解剖モデル。

カタツムリにタランチュラにワニにイヌ。
この微妙でマニアックな動物種の選択に、
制作サイドの動物好きの情熱が伝わってきます。

まんまと、その営業戦略?に乗っかってしまって、
買い集めてしまいました。
4dvision.jpg

体の半身が透明になっていて、
組み立てる喜びとともに、体内の臓器の位置や形を
楽しみながら勉強できちゃう一石二鳥のスバラシイアイテム。
しかし、いい大人になっても子供の「ソフビ」集めと変わらない自分に唖然とします・・・・。
でも、楽しい!