fc2ブログ

ラフレシア♪

植物
12 /16 2008
世界最大の花をご存知ですか?

知る人ぞ知る「ラフレシア」。
あまりの奇怪な容姿に人食い花と信じられていた
時代もありました。
大きなものでは、直径1メートルにもなります。

葉っぱはなく、花だけがジャングルの林床に忽然と現れ、
腐肉のニオイを出してある種のハエをおびきよせ、
受粉させると言われています。
また、ブドウ科のツル植物にのみ寄生する寄生植物であり、
そのような、微妙な環境を要求するので、
人工的な環境では、殆ど栽培は不可能とされています。

いや~マニアック過ぎました。
スミマセン。

rafuresia.jpg

たんぽぽ♪

植物
12 /05 2008
すいぶん寒くなりましたね。
街行くひともコートを羽織って、
文字通り、背中を丸め、足早に過ぎていきます。

昨日、多摩川の河川敷に出かけたときに、
一足も二足も早い春を見つけました。
今日も雨降りで寒いですが、
ホッと心の和む温もりを提供します!

どんなに忙しくても自然に眼を向ける余裕さが欲しいですね♪

tanpopo.jpg

オオタニワタリ♪

植物
12 /01 2008
シダ植物のオオタニワタリといいます。
単にタニワタリとも呼びます。

日本では沖縄地方に自生しています。
基本的に着生植物で土のないところでも育ちます。
主に他の植物の木の幹にくっついたり、
石垣にくっついたりして成長します。

養分は土から得ずに、漏斗状に葉を広げて、
落ちてくる木の葉を受け止めて、
それを自身が成長するための養分にします。

見た目は普通の植物ですが、
案外マニアックな生態でなので
世の中にはタニワタリファンが沢山います。


taniwatari.jpg

シダ・その弐

植物
09 /27 2008
木にくっついて育つ着生植物のビカクシダ(麋角羊歯)の1種、
Platycerium madagascariense です。
マダガスカル原産です。

数あるビカクシダの中でも特に育成が難しく、
ビカクシダマニア(世の中にはいろいろな人種がいるのです!)を
泣かせている種類です。

特別何もしていないのですが、
なぜか、当院の吹き抜けでぐんぐん成長しています。
葉脈が深く、気味悪いとも言われますが、私はそこのところが好きです。

madagasucariense_20080927163518.jpg

栽培難易度★★★★

植物
09 /06 2008
いわゆるウツボカズラです。

有名な食虫植物ですね。
誰が見てもエキゾチックな雰囲気かもし出しまくりなナイスな植物です。
東南アジアを中心に野生で70種類ほどが知られています。
また、園芸用に品種改良したものがたくさんあります。

夏になると、ホームセンターや園芸店でよく見かけますが、
状態良く栽培するのはけっこう難しく、
一夏でほとんどが枯れてしまっていると思われます。

栽培のコツは、高湿度、低温、適度な明るさです。
これがなかなか難しく、日本の平地の気候にはまったく向いていないようです。
贅沢を言えば、空調と光の管理された温室でいつも霧が出ているような環境が
用意できればベストです。

以前、この手の植物にどっぷりはまったことがありましたが、
いまは時間もなく栽培している食虫植物はありません。
植物図鑑だけ見てあれこれ妄想する日々です。

この写真は以前に栽培していたネペンテス・ビカルカラタという種類です。
紅色のピッチャー(捕虫袋)もつ大変美しい種類です。
この袋が育ったときの嬉しさといったら・・・!

nepentes.jpg

※ウツボカズラのウツボは例の海の魚のこと?
  辞書より
 うつぼ 【靫/空穂】
 矢を携帯するための筒状の容器。竹などを編んで毛皮を張ったもの、練り革に漆をかけたものなどがあり、右腰につける。矢羽を傷めたり、篦(の)が狂ったりするのを防ぐ。うつお。〔「靭」と書くのは誤用〕  
(私は知りませんでした)

田向健一

動物病院の院長をやっています。
ペットの病気のことならたいていのことはこなしています。
ウサギやカメから犬猫まで、外科も内科、歯科も行います。
動物、植物を含め、命あるものが大好きです。