母校

2016年11月14日 19:45

昨日、私の出身大学の麻布大学でとあるシンポジウムがあり、
1時間講演してきました。

18年前に卒業したのですが、当時あった古い建物は耐震の面から
全て無くなり、新しい校舎に立て替わっていました。
私が学生だった頃、ときどき牛の臭いが漂ってきたり、
馬術部の馬が歩いたり、遠くに犬の鳴き声が聞こえてきたりと、
まさに獣医大の様相そのままでしたが、
いまではすっかり綺麗な(まるで文学部のような)学園になっていました。
こんな大学で勉強が出来る学生が羨ましく思いました。

そんな時代の変遷の中でも当時と変わらない風景がありました。
銀杏並木。全く変わらない。
それをみるとホッとすると同時に大学6年間(留年ではなく、獣医大は6年制)の
想い出がと次々と蘇ります。

学生時代は遊んでばかり、単位もギリギリで通過すればいいと思って
てきとうに試験を受けていた不良学生が母校で講演するという
奇怪な出来事にいろいろ思うところがあったのでした。
azabuuniv.jpg


どこかに

2016年10月26日 10:18

登場しておりますので、
ご興味があれば、探してみて(書店、コンビニ、Amazon、立ち読みなどなど)
笑ってやってください!
病院待合にも置いておきますね。
Forbes.jpg

口の中の腫瘍

2016年10月19日 13:14

朝一番に、先生!
うちの子、口から大きなものが飛び出て、
出血がすごいんです!というミニチュアダックスが来ました。

実際診察してみると、おっきな塊が口から露出しており、
そこから、血液が滴っておりました。
daxkoukuumass1.jpg

高齢ですが、ほっとくわけにはいかないので(出血多量で死んでしまう)、
麻酔下での摘出しないといけない状況でした。
(この時点できちんと摘出できるかどうかの判断はついていませんでしたが、
 やるしかない状態と言うものがある、ということでご了承ください)

電気メス、レーザーメスなどを駆使して摘出に臨みましたが、
出血が多く、組織も大きくらちがあかないので、(時間がかかりすぎる)
指を使って剥離&鉗子で止血で時間短縮。

daxkoukuumass2.jpg
と先の見えない前進を続け、無事摘出&縫合完了。

『為せば成る、為さねば成らぬ何事も』を思い出しました。


ねこちゃんとの組み合わせ

2016年09月20日 19:27

なかなか更新ができませんでした。
秋は学会シーズンで有難いことに、
いろいろなところから声を掛けて頂いておりまして
診療や手術のほかそれらの準備に日々追われています。
いいわけです、ハイ。すみません。

ということで、
最近は猫ちゃんブームということです。
最近、私も新たに2匹仔猫を飼い始めました。
猫ちゃんのカレンダー作りに少し協力しましたので、
お知らせします。

caren1.jpg

caren2.jpg

猫ちゃんと他の動物が仲良く写っている微笑ましいカレンダーです。
私は、その中で猫ちゃんと他の動物を一緒に飼うことについての
注意点などをコメントしています。

猫ちゃん好きの方は是非手に取ってみてください。
Amazonなどで購入できます!
『猫とともだち カレンダーBOOK2017 』(角川SSCムック)


元気の源

2016年08月08日 21:53

先日、1か月ぶりのお休みに
この時期、例にもれず、山の中へ入り込んできました。
そこは、一年を通じても人がほとんど入らない深い谷底です。

普段は人と会話を通じてコミニュケーションをはかって(人間社会では当たり前ですが)
仕事をしなければなりませんが、ここの世界は、自然に逆らわずまさに動物的勘に身を任せ、
自分の能力を最大限に発揮し、自分自身を問う場所になります。

こうしてみると、穏やかで癒される天国のような場所ですが、
一旦自分を過信したり、自然のなりゆきに逆らおうとすると、
赤子の手を捻じるより簡単に自身の生命を危険にさらすことになります。

shimotana1.jpg


滝を攀り、泥壁を這いずりあがり、崖を下り、岩を飛び越え、冷や水に肩まで浸かり、
泥んこになりながら、2リットルくらいの汗をかいて、筋肉が悲鳴をあげるくらい酷使すると、
人間社会で疲れ切って干からびて干物のようになった精神がウソのように充填されます。
shimotana.jpg
ここに来ると、人間も動物なんだ、自然の一部で生かされているんだ、と思います。
また、少し頑張れる元気をもらいます。

8月10日追伸
元気もらったので、お盆休みはありません。
通常通り木曜日のみ休診となります。
宜しくお願い致します。