ねこちゃんとの組み合わせ

2016年09月20日 19:27

なかなか更新ができませんでした。
秋は学会シーズンで有難いことに、
いろいろなところから声を掛けて頂いておりまして
診療や手術のほかそれらの準備に日々追われています。
いいわけです、ハイ。すみません。

ということで、
最近は猫ちゃんブームということです。
最近、私も新たに2匹仔猫を飼い始めました。
猫ちゃんのカレンダー作りに少し協力しましたので、
お知らせします。

caren1.jpg

caren2.jpg

猫ちゃんと他の動物が仲良く写っている微笑ましいカレンダーです。
私は、その中で猫ちゃんと他の動物を一緒に飼うことについての
注意点などをコメントしています。

猫ちゃん好きの方は是非手に取ってみてください。
Amazonなどで購入できます!
『猫とともだち カレンダーBOOK2017 』(角川SSCムック)


元気の源

2016年08月08日 21:53

先日、1か月ぶりのお休みに
この時期、例にもれず、山の中へ入り込んできました。
そこは、一年を通じても人がほとんど入らない深い谷底です。

普段は人と会話を通じてコミニュケーションをはかって(人間社会では当たり前ですが)
仕事をしなければなりませんが、ここの世界は、自然に逆らわずまさに動物的勘に身を任せ、
自分の能力を最大限に発揮し、自分自身を問う場所になります。

こうしてみると、穏やかで癒される天国のような場所ですが、
一旦自分を過信したり、自然のなりゆきに逆らおうとすると、
赤子の手を捻じるより簡単に自身の生命を危険にさらすことになります。

shimotana1.jpg


滝を攀り、泥壁を這いずりあがり、崖を下り、岩を飛び越え、冷や水に肩まで浸かり、
泥んこになりながら、2リットルくらいの汗をかいて、筋肉が悲鳴をあげるくらい酷使すると、
人間社会で疲れ切って干からびて干物のようになった精神がウソのように充填されます。
shimotana.jpg
ここに来ると、人間も動物なんだ、自然の一部で生かされているんだ、と思います。
また、少し頑張れる元気をもらいます。

8月10日追伸
元気もらったので、お盆休みはありません。
通常通り木曜日のみ休診となります。
宜しくお願い致します。

誕生日でした

2016年07月18日 14:23

遅くなりましたが、去る7月14日に私は無事43回目の誕生日を迎えました。
もう、数えるのが億劫になってきました(笑)
そして、先日、知人からあるものが届きました。

私はいつも
どんなことを始めるにもはじめの一歩は小さなものだ、
何かを自分のもにするには地道で時間がかかるものと思っています。
あせらない、ゆっくりとしかし確実に。

一方で、デジタル化によって、どんどんスピードが速くなっています。
写真もレントゲンもすべてデジタルで撮って次の瞬間見ることができます。
動画も通信もオンラインで、リアルタイムでやり取りできるようになりました。
一歩どころか、あっというまに光の速度で目的地に行けそうな勢いです。
デジタルの速度で相手に返信を送るテクが必要な現代になってしまいました。

そんな時代だからこそ、自らの手で墨をすり、筆を使い、書き、梱包し
ポストに入れ、郵便屋さんが汗水垂らして届けてくれたこの『道』は
自身を振り返るよい機会となりました。
michi.jpg

道にはいろいろな道があります。
王道、外道、邪道、正道、細道、坂道に一般道。
もしかすると私の道は邪道かもしれない。
しかし、どんな道にしても一歩一歩
歩んでいけば、いつか何かしらの形が残るんじゃないかと。

「千里の道も一歩から」
これから何かをしよう、夢をかなえたい、
思っている方へこの言葉を贈りたいと思います。

43歳になったおじさんより。

1週間後の

2016年06月24日 14:02

7月1日(金)夜11時
7月2日(土)朝11時に
BS日テレで私の仕事の姿とオフの姿を追ったテレビ番組が放送されますので、
もし、BSを見れる環境のかたはよろしければ見てみてください。
番組HP http://www.bs4.jp/onoff/

mitsutoge.jpg

オフは、私が時々このブログでも紹介することがあるロッククライミングです。
決して、上手くはありませんが、それでもなんとかやっております(笑)
ご笑納いただければ嬉しいです。


新聞記事

2016年06月21日 09:43

先日、『朝日中高生新聞』という新聞に載りました。
「夢ナビお仕事レポート」というコーナーで獣医師の仕事を紹介しています。

私の一日とともにどんな仕事をするのかが取材されています。
そして、仕事の極意と題して、3つ挙げてあります。

①好きである
動物が好きで、興味を持ちづつけることが何より大切

②飼い主の立場に立つ
  飼い主が納得できる医療を提供する

③日々、勉強
 常に現場で考え、学んでいく

ということで、獣医さんを目指している、中高生に
少しでも参考になればと思います!


sinbun.jpg